イベントレポート

「和のあかり×百段階段2018」に行ってみた!

2018年7月7日~9月2日、ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」で行われた、「和のあかり×百段階段2018」に行ってきました!

「日本の祭り」「アート」「デザイン」「職人」「テクノロジー」をテーマに50団体以上、約1,000点の作品が集う、都内最大級のアートイルミネーションイベント「和のあかり×百段階段2018」。平成最後の夏を華やかに彩る、究極の日本美イルミネーション。まさしくそれは竜宮城でした。

 

ねぶた師、立田龍宝さん・北村春一さん・手塚茂樹さんの3つの流派による共同作品、「竹取物語」です。

武者(左)を立田龍宝さん、かぐや姫(中央)を北村春一さん、帝(右)を手塚茂樹さんが手掛けています。

見る人を魅了する壮大な作品です。

 

折花作家、三谷基さんによる紙でできた繊細なお花です。

5,000個ものお花を明かりが照らす情景は、どこか儚さを感じさせます

 

注染本染め手拭いの専門店、nugooさんの傘です。

爽やかな青色が会場を涼やかにしていました。

 

長崎ランタンフェスティバルの麒麟です。

力強くも優しくもある明かりでした。

 

七宝作家、常信明子さんによる「てまり寿司」です。

本物のてまり寿司のようなリアルさも兼ねた、丸くて可愛らしい作品です。

 

インスタレーションアート集団、MIRRORBOWLERさんによる作品です。

きらきらと鮮やかに輝く空間は夢のようです。

 

一葉式いけばな次期家元、粕谷尚弘さんによるいけばなです。

部屋いっぱいのいけばなの美しさに心を奪われました。

 

いかがでしたか?

ここで紹介したのはほんの一部です。

伝統文化から最新技術まで様々な形で楽しめるイベントでした

-イベントレポート

Copyright© AestheticismClub , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.