カフェ巡り

【大塚】東京の新名所「ニュー秘宝館」に行ってみた!

JR山手線・大塚駅を最寄りとする東京の新名所、「ニュー秘宝館」をご紹介します!

一風変わったお店に行きたい、都内で飲みたい方にオススメのバーです。

ニュー秘宝館とは

「秘宝館」とは、一般的には公開できない性的なものが展示されている施設です。それゆえに未成年者は入館できず、大人のテーマパークとも呼ばれています。

昭和末期には温泉街を中心に全国各地に20件以上あった秘宝館ですが、来館者の減少や建物の老朽化から閉館が進み、現在は「熱海秘宝館」のみという貴重な存在となっています。

そんな「秘宝館」をこよなく愛する女性店主・片品村蕃登さんが2019年4月にオープンさせたバー、これこそが「ニュー秘宝館」です。

性的なものをテーマとしているニュー秘宝館ですが、下品さは一切なく、内装にもメニューにも愛とこだわりが感じられる魅力的なお店です。

さらに店主が元気で陽気な方なので、どなたでも1人でも安心して楽しめるのでオススメです。

 

ニュー秘宝館 行き方

大塚駅北口を出て、歩くこと5分。賑やかな通りを抜けると、昭和の香りが漂う、「ニュー秘宝館」に到着です。

外観はこんな感じ。紫色の屋根「秘」のネオンサインが目印です。

冒険心が掻き立てられるような怪しげな佇まいをしています。

 

ニュー秘宝館 店内

ドアを開けると、「秘宝館」の大きなネオンサインが目に飛び込んで来ます。

このネオンサイン、かつて佐賀県に存在した「嬉野武雄観光秘宝館」で使われていたものだそうです。

店内には各地の秘宝館で実際に展示されていた貴重なアイテムが飾られています。

とても雰囲気がある店内です。

 

もし機会があったら、お手洗いにも行ってみてください。

貴重なピンクビラがくまなく貼られ、ミラーボールが回っているのです。そんなお手洗いは絶対に「ニュー秘宝館」だけ!

このお手洗いも見どころの一つとなっています。

 

ニュー秘宝館 メニュー

アルコールは酎ハイやビール、ジン・ウォッカ・テキーラ・ラムベースのカクテルといった定番のメニューの他、大塚名物ジンジャーハイボールやすみれサワーといった、他店ではお見かけしないメニューもあります。

日本酒や芋焼酎も種類豊富に取り揃えられており、こだわりが感じられるお酒がたくさん並んでいます。

ソフトドリンクにはコーヒーやジュースの他、メロン・バラ・ぶどうの3種類のクリームソーダもあり、お酒が弱い方も十分楽しめます。

軽食にはホットサンドやミートソースペンネ、大人なおかし盛り合わせ等があります。

 

私が実際に注文したメニューはこちら。

 

名前のインパクト大、メンヘラサワー

「これは気になる!」と目を引かれ注文してみました。

出てきたのは鮮やかな青色が美しい、ビジュアルもインパクト大な1杯!レモンが入っており、すっきりとした味わいです。

 

こちら、みりんのミルク割

「み、みりん?!」と思いましたが、店主・片品村蕃登さんの「これ、美味しいよ!みたらし団子みたいな味するから!」という言葉に興味がそそられ注文しました。

ほのかに甘くて美味しい!これはぜひ飲んでみてほしい。

 

こちらは、すみれサワー

すみれ色が店内の雰囲気と混ざり合って、なんだか怪しげな感じです。

甘くて飲みやすいお酒です。アルコールが苦手な方にもおすすめです。

 

めちゃくちゃ美味しかった、ミントミルク

ミントのリキュールの爽やかさとミルクのまろやかさが絶妙な1杯です。

ミント系がお好きな方にはぜひ!そうでない方にも飲んでいただきたいくらい、美味しかったです!

 

こちらはソフトドリンクのクリームソーダ

クリームソーダは、メロン・バラ・ぶどうの中から選べます。

写真はバラのクリームソーダです。

店主・片品村蕃登さん曰く「もうこれはね、女の子におすすめだよ!」とのこと!

こだわりが感じられるグラスとハート型のストローが可愛い、女性ウケ間違いなしのクリームソーダです。

 

ニュー秘宝館 店舗情報

ニュー秘宝館

東京都豊島区北大塚3-33-2 ヤマトビル 1F

営業時間 15:00〜24:00

定休日 日曜日

※18歳未満入店不可。

-カフェ巡り

Copyright© AestheticismClub , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.