イベント

岩合光昭写真展「ねこづくし」

世界中の猫好きを虜にしている写真家・岩合光昭さんの写真展が川崎市市民ミュージアムで開催されます。

日本各地で撮影された猫たちの写真、200点以上が公開される、まさに「ねこづくし」な展示です。

岩合光昭さんが撮る、猫そのものの美しさ、逞しさ、可愛さをぜひご堪能ください。

作家プロフィール 岩合光昭

1950年11月27日、東京都生まれ。法政大学経済学部在学中の1970年、動物写真家である父・岩合徳光とともにガラパゴス諸島を訪れ、自然の美しさに感動し、卒業後、動物写真家として活動開始。以後、世界中で野生動物や大自然を撮影し続けている。独特の色とコントラストを持つ作品は、海外メディアからIWAGO'S COLORと賞賛されている。1979年に第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。日本人で初めて、世界的ネイチャー雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を2度飾っている。2012年にNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送開始、2019年2月には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開された。

岩合光昭写真展「ねこづくし」 会期

2019年04月23日~6月30日

9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日 月曜日、5月7日

※ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)は休まず開館しております。

岩合光昭写真展「ねこづくし」 入場料

一般 800円(640円)

学生・65歳以上 600円(480円)

中学生以下 無料

※()内は20名以上の団体料金です。

※障害者手帳等をお持ちの方およびその介助者は無料となります。

岩合光昭写真展「ねこづくし」 会場

川崎市市民ミュージアム

神奈川県川崎市中原区等々力1-2

【アクセス】

◎武蔵小杉駅

<北口1番乗り場から川崎市バス(約10分)>

・杉40市民ミュージアム行 終点下車

・杉40中原駅行 「市民ミュージアム前」 下車すぐ

・溝05溝口駅前行 「市民ミュージアム前」 下車すぐ

<南口「東横線小杉駅」バス停から東急バス(約10分)>

・川33市民ミュージアム行 終点下車

<横須賀線口2番乗り場から東急バス(約10分)>※土曜・休日のみ

・杉05市民ミュージアム行 終点下車

 

◎溝の口駅

<北口3番乗り場から川崎市バス(約20分)>

・溝05小杉駅行 「市民ミュージアム前」 下車すぐ

<北口5番乗り場から東急バス(約20分)>

・溝02小杉駅行 「市営等々力グランド入口」下車徒歩8分

 

◎川崎駅

<川崎駅ラゾーナ広場82番乗り場から東急バス(約40分)>

・川33市民ミュージアム行 終点下車

-イベント

Copyright© AestheticismClub , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.