イベント

バッドアート美術館展

1994年にボストンの画商、スコット・ウィルソンがゴミの中から「バッドアート」を拾ったことから始まり、映画館の地下スペースでコレクションを公開し世界中の注目を集めた、アメリカのバッドアート美術館(Museum Of Bad Art)。バッドアート美術館では酷過ぎて目をそらせない、ゴミだけど捨てられない、他の美術館やギャラリーでは決して展示されない「どこか奇妙な印象を抱かせつつも、見る人の心を動かすちょっと残念なアート」を収集・保存・展示しています。それらバッドアートたちは、リサイクルショップやフリーマーケット、はたまたゴミの中から発掘されたものばかりです。

バッドアートの選考基準は、第1に「芸術の名のもとに真剣に創作した、れっきとしたアートであること」、第2に「コンセプト、制作過程の中で何かがうまくいっていないこと」、そして第3に「面白く魅力的で、議論や疑問が引き起こされる作品であること」です。つまり、決定的な技術不足やキテレツな題材、度が過ぎた表現などといった酷さの原因はどうでも良く、真剣に描いた結果生まれた作品が面白く、どこか人を惹きつける力を持っていることが大切なのです。現在多くのバッドアート候補作品が寄せられるものの、バッドアートの基準が厳しいため、実際に収蔵される作品はごく一部だといいます。

本展ではバッドアート美術館に収蔵される800点を超える作品の中から、110点の選りすぐりの"迷作"が初来日します。

この機会をお見逃しなく!

バッドアート美術館展 会期

2018年11月22日~2019年1月14日

10:00~18:00(17:30最終入館)

会期中無休

バッドアート美術館展 入場料

一般(高校生以上) 1300円

小・中学生 200円

未就学児 無料

※障がい者対応について、障がい者手帳お持ちの方1名に対し、介助者1名に限り無料となります。ご本人はご来場当事者との認識から、入場券の購入が必要となります。

バッドアート美術館展 会場

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

東京都文京区後楽1-3-61

最寄駅

JR 水道橋駅 徒歩1分

-イベント

Copyright© AestheticismClub , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.