イベント

描かれた「わらい」と「こわい」展‐春画・妖怪画の世界‐

中世から近世にかけ、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」や「この世とあの世」、そこには今以上に境目が曖昧な世界が広がっています。

『描かれた「わらい」と「こわい」展‐春画・妖怪画の世界‐』では、「わらい」と「こわい」という一見相反するテーマのもと、国際日本文化研究センター(日文研)所蔵の妖怪画・春画コレクションから、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきます。

日文研は1987年に日本文化に関する国際的・学術的な総合研究と世界の日本研究者に対する研究協力・支援を行うことを目的に設置され、その創立初期より妖怪画や春画の収集・保存を進めてきました。しかしそれらの資料は日本文化を考える上で欠かせない要素であるにもかかわらず、これまで学術的に扱われることがほとんどありませんでした。

そこで本展覧会では、日文研が現在所蔵する妖怪画・春画のコレクション750余点のうち、精選された約150点を紹介します。

世界初公開の作品も展示され、日文研コレクションを本格的に展観する初めての機会となります。

描かれた「わらい」と「こわい」展‐春画・妖怪画の世界‐ 会期

2018年10月16日~12月9日

10:00~18:00(土曜日は10:00~20:00)

入館は閉館の60分前まで

休館日 月曜日

会期中、4回展示替があります。

・1期 10月16日~10月28日

・2期 10月30日~11月11日

・3期 11月13日~11月25日

・4期 11月27日~12月9日

描かれた「わらい」と「こわい」展‐春画・妖怪画の世界‐ 入場料

1,500円(1,400円)

※()内は20名以上の団体料金です。

※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待(一般:1,500円→1,400円)

※18歳以下入場不可。

※受付にて、年齢の分かるものをご提示いただく場合があります。

※再入場不可。

描かれた「わらい」と「こわい」展‐春画・妖怪画の世界‐ 会場

細見美術館

京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3

最寄駅

地下鉄東西線: 東山駅 2番出口より北へ徒歩約10分

市バス 31・32・201・202・203・206系統 東山二条・岡崎公園口下車  東へ徒歩約3分

市バス 32・46系統 岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前下車  西へ徒歩約2分

市バス 洛バス100号系統 岡崎公園 美術館・平安神宮下車 徒歩約5分

※細見美術館には駐車場はありません。

-イベント

Copyright© AestheticismClub , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.